胡麻塩銀河創造

せっかく料理教室に通っているのだから、久しぶりに胡麻塩を手作り。

長年愛用している、いつかの誕生日に義理の母からもらったすり鉢とすりこぎで早起きしてぐるりぐるり。

それにしても胡麻塩作りは、つくづく神話的な行為ですよね。

右手というイザナギノミコトと左手というイザナミノミコトが、すりこぎというアメノヌボコを、すり鉢という海に突き刺し回転させる。

実際にすり鉢の中は、銀河のようなスパイラルを描き、陽性という塩の粒子に陰性というごまの油がまとわりつき、無数の星々を形成します。

まさに宇宙創造のからくり。
ごま豆腐づくりが禅の修行になるのも納得しますよね。

すり鉢とすりこぎ、もっと使ってあげなきゃね。

コメントを残す