カテゴリー別アーカイブ: book

読書の秋~人類の進化へ思いを馳せる

秋になって来たのか、ひょんなきっかけから「人類の進化」について調べ始めたら、読書三昧の毎日になってしまった。

目的は「人類進化と食物の関係」を古人類学や生物学、神話学、そして陰陽という視点から洗いなおしているわけだけど、まったくキリがない(笑)

定説では、人類進化の起点は、二足歩行が前章となり、熱帯雨林からサバンナへの生活圏移動で主流になった狩猟による「肉食」が、人類に多大なるカロリーの増大を可能にし、脳の拡大を誘発したというとても「男のロマン的」な説。

これは、いま流行りの「糖質制限」などの論拠にもなっています。

一方これから盛り上がって来そうなのが、火の利用、つまり「料理」による植物性デンプンの糊化で大量のブドウ糖を常時、脳に送ることができるようになって、脳の拡大を可能にしたという、やっぱり「かあちゃんにはかなわない的」な説。

この論拠は、林俊郎という学者さんが代謝生理学のアプローチで「火の人類進化論」として提唱していますが、マクロビオティックの分野にはとても示唆のある学説です。

ともあれ、概ね人類の脳の拡張は、食べ物の影響が大きいことは自明の理になりつつあるようです。

そこで「俺の狩りで毎日肉食わせてやる」という男のロマン的な「焼き肉論」と「あんた今日も獲物ないの?芋焼いてあるから食べなさい」という女の現実的な「焼き芋論」という進化論の戦いが、現代の人類の食生論争にももちろん影響があるようですね(笑)

肉食中心の糖質制限、加熱でんぷん中心のマクロビオティック、そして第三の立場である「そもそも脳がでかくなったから自然破壊が起こるのよ」ということで、自然と調和した人類に進化する前のチンパンジーの生食に見習おうというローフード。

もちろん私としては、加熱でんぷんの進化論を中心に展開したいのですが、それはまた後日まとめようと思います!

映画「シュガー・ブルース」の取材でチェコ共和国大使館へ

昨日は広尾のチェコ共和国大使館へ、7月23日から公開される映画「シュガー・ブルース」のアンドレア・ツルコヴァー監督の取材に写真班として同行させていただきました。

映画「シュガー・ブルース」は、監督が3人目の子供を妊娠中に妊娠糖尿病を告げられ、マクロビオティック業界では有名なウイリアム ダフティ著「シュガー・ブルース」(日本では絶版)をきっかけに、家族と共に砂糖と闘い、砂糖業界の闇に挑む5年間を記録したドキュメンタリーです。

映画の中に出てくる監督とは印象が違い、終始にこやかな笑みをたたえ、とてもチャーミングな方でした!マクロビオティックにも精通していて、日本の伝統的な食事の素晴らしさも語ってくれました。

砂糖に関してはいくらでも語れるのですが、まずはこの映画を見て、普段自分たちが何気なく摂っている身近な食品に、どんな歴史があって、どんな人達が関わっているのか、またどんな世界の現状があるのかを知っていただければと思います。

2016年7月23日から渋谷アップリンク、横浜シネマリン、名演小劇場(名古屋)ほか順次全国公開です。
http://www.sugar-blues.com/

この取材は、「月刊マクロビオティック」の9月号に掲載予定です。

【オススメ本】桜沢如一のコトバに学ぶ~人生を変える70のヒント

マクロビオティックというと、とかく行き過ぎた食事法や海外から入って来た特殊な食事法と一般には思われがちですが、実際には日本の古来から連綿と続く健康観がベースとなっています。

日本人は元々どこか調子が悪いと、その調子が悪いところに着目するのではなく、自分の生活習慣全体、とりわけ食生活を調整する事によって自然と自分の身体の調和を取り戻そうとしました。

それは東洋医学の根本思想で、部分的な症状は全体の不調和からくるというホリスティックな考えの影響と、日本の豊かな自然環境が育てた独自の身体観や健康観です。

だから日本には、西洋における対処療法的な医療があまり発展せず、自然に寄り添う「養生」や「療養」といった医療しか発展しませんでした。

実際、江戸時代には100を超える養生書が出版され、そこには生活全般を整え、自然環境と調和する方法の数々が紹介されてきました。

ところが明治維新を向かえ日本が西洋医学をいわば強引に導入するにあたって、そういった日本の伝統的な身体観や健康観は闇に葬られてしまいます。

マクロビオティックの創始者、桜沢如一はいわばそんな日本の伝統を絶やさないために、それをモデル化し「マクロビオティック」というパッケージにしたためて海外へ持ち出しました。

私たちマクロビオティクに関わる者は、今まさにこの源流を見つめなおし、現代の日本の社会にあらためて、日本の伝統的な医療のあり方を問い直さなくてはならない時代に来ています。

そしてそれをするためには、社会に通用する知的で多様性があり、それでいてウィットのあるコトバを駆使できる人が必要です。

そんな人がいるのだろうか?
いや一人いるのです。それが熊本阿蘇でTAO塾を主宰する波多野毅氏です。

今回氏が出版した「桜沢如一のコトバに学ぶ~人生を変える70のヒント」は、現代日本に桜沢如一を紹介するのに最適な、まさに知的で多様性があり、それでいてウィットのあるコトバに溢れています。

マクロビオティックを実践する人もしない人も、ぜひこの本を読んでみて下さい。桜沢如一のスピリットや東洋医学の哲学及び日本の精神の真髄を味わうことができますよ。

私も資料室を通じて資料提供に協力したり、また勝又会長との前半の対談が、私が編集を担当していた時のものでもあったので、とても愛着のある本になりそうです!

興味のある方は、TAO塾 wildoats@bronze.ocn.ne.jp までご連絡ください。